FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VD企画 アベ*ミハ「チョコレート×××」

阿部隆也にとって、2月14日は特別な日ではなかった。
ここ十何年ぐらい前から始まった、菓子メーカーの策略イベント。
365日中たった1日のことであり、何の興味も湧かないイベントだった。
相手の名前も知らない人からは一切受け取らず、チョコだけ置いて行かれた場合は――自分では食べずに家族に渡した。
『バレンタインなんて来なくていい』というより、『そんなに夢中になることか?』という呆れにも近い気持ちだった。
今年もこれまでと変わらず、要領よく過ごすだけだと思っていた。

バッテリーで最近付き合い始めた三橋に、朝メールで起こされるまでは――。


「チョコレート×××」


「三橋っ!」
「あ、あべ、くん。お、おは…」
「おはようじゃねーよ!んで、こんな朝早くから俺ん家来てんだっ!!」
「うぅ…ご、ごめ…な…」
「な、…泣くなよ」

寒そうな肩に持ってきたコートを掛け、周囲を確認してから抱きしめる。
ぽんぽん、背中を叩いてやれば次第に落ち着いたのかやっと三橋は顔を上げる。
身長差のため潤んだ瞳で上目遣いになったアーモンド色に正直な心臓が激しく動き出す。

「あ、あべくん、…怒った?」
「怒ってねーよ……いや、全く怒ってねー訳じゃないけど」
「え…うぅ?」
「いやだから、…俺ん家に来たこと自体は怒ってねーよ。こんな薄着でつっ立ってたことにキレたんだ」
「そっかぁ、よかった」
「…んで、どうしたの」
「ん?」
「俺に用事があったんだろう」

じゃなきゃ三橋がわざわざこんな朝早くから俺ん家に来るとは思えない。
朝に弱い三橋がただでさえ早い朝練開始時間より先に起きてここまでやって来たのだ。
これはただごとじゃない、もしかして悪い知らせ――か。
抱き込まれたまま目と鼻の先にある阿部の真剣な表情に三橋は頬を真っ赤にさせながら口を開く。

「あ、あのね…おれ、阿倍くんに……作ったんだ」
「…は、なにを」
「――バレンタインのチョコ」
「……ま、マジで…?」
「うん。でね、昨日の夜に作り出したんだけど」
「まさか、練習後にか?おま…よく作れたな」
「……そ、それが…ね」

実はさっきからずっと気になってた――三橋の両手が背中に隠されてることが。
まさかバレンタインチョコを持参していたとは、考えもしなかったが。
三橋は受け取ってくれるかな…と視線で訴えられた俺は、ゆっくり頷く。
せっかく文字通り寝る間を惜しんで作ってくれたのだ、受け取らないはずがない。
それが三橋なら尚更だった。
ゆっくりお互いの身体を離して、阿部が手を差し出すと――。



――――ラップの掛ったボウルを渡された。



「――なに、これ」
「…チョコレートです」
「あー、チョコレートね、うん確かに…って、おいっ!!」

――原液かよっ!!!

「あのね、湯せんで溶かしてたんだ。そしたらね、おれ、途中でねちゃって、で、お母さんが」
「…そのまま冷蔵庫に入れちゃったわけ、ね」

――そこで代わりに型に入れておくとか、三橋を起こすなどの行動に出ないのは、やはり彼女も三橋の母たる所以だろうか。
ははは、と乾いた笑いをこぼすと三橋が阿部の手にあるボウルを自分の方へ引き戻そうとする。

「やっぱ、返して」
「なんで」
「だって、こんな、みっともないのあげられない。おれ、買いなおして…」
「俺はこっちのが嬉しいけど?」
「…え」
「だって、コレ、正真正銘三橋の『手作り』だろ?」
「あ…うん」
「だったら買ったやつよりこっちのがイイ」
「…ほんと?」
「――俺のために作ってくれたんだろ?」
「う、うん!おれ、阿部くんに、しか作ってない」
「なら、これ貰っていいな?」
「うん。貰ってくれると…」
「……ちがうだろ」
「え…あっ。…貰って下さい」
「おう、よく出来ました」

掻き回すように髪を撫ぜると、ふへへとやっと三橋が笑った――これが見たかったんだ。
最近は真正面から視線も合うし、よく大口開けて笑ってくれるようになった。
何よりこうやって阿部に対して「特別」な気持ちを伝えてくれる、それが本当に嬉しい。

「まだ時間あるだろ、家入ろうぜ」
「…いいの?」
「ああ、まだ親とか寝てるから静かにな」
「うんっ!ありがとう」

ほらっと手を差し出せば、すでに暖かい三橋の手がぴったり重なった。
その暖かさは三橋がリラックスしている証拠――すげー嬉しいもんだな。
…って人のこといえねー。俺だって手がホッカイロみたいだし。
朝から色んな事ありすぎて、しかも全部が嬉しいことばっかで。
バレンタインも捨てたもんじゃねーな、なんて思ったり。
それもこれも全部、こいつのせいだ。


――ちょっとぐらい仕返ししても、いいよな?


「三橋っ」
「な…に…んぅ」
「コレ、俺のもんだから、好きに使って構わないだろ」
「そ、それ…そーだ、けど…な、なんで。お、俺に」
「フルーツにチョコ掛けて食うのあるじゃん、それと一緒だろ」
「ち、ちがっ!く、くちに…塗っちゃ…」
「いいから――もう、黙れよ」
「……っ!!!」





――キスができない





「…ん…ぁっ…あ、あ、あべ…く…」
「んー…なんだよ」
「…じか…」
「あ?」
「あ、あされんの…じ、じかん」
「――っ!!早く言えよ、準備してダッシュで行くぞ!!」
「は、はい」


残ったチョコレートは冷蔵庫できっちり保存した――阿部のチョコレート×××はまだ終わらない。


END
今回のアベ*ミハにて、晴天@バレンタイン企画無事終了でございます!
やっぱアベ*ミハは安心します、書いててほっとしますね(^◇^)
阿部くん視点だとツンデレぶりがバレバレで面白い、本当に可愛い奴だな!
残ったチョコでチョコレート*プレイしまくるといいです(笑)
企画の最後までお付き合い頂いて本当にありがとうございました~<(_ _)>

スポンサーサイト

VD企画 ハル*ミハ「本命チョコ以外、お断り!」

今まで2月14日の某・イベントにおいて楽しかった思い出は一切ない。
野球部のエースのためか、その容姿のせいか榛名は目立った…悪い意味でも。
そんな榛名を女子がほっとく訳もなく、毎年たくさんのチョコを受け取るはめになる――本人の意思を無視して。
練習前後に早く受け取れとばかりに四方を取り囲まれ、あげく机やロッカーに無理やりチョコを押し込まれ、散々な目に遭ってきた。
むしろこの日を憎んでいるといってもいい、こんなイベントごと無くなってくれとすら思う。
この日だけは女と会わないと決めた、後々面倒なことになるのは目に見えているから。
しかしその決まりを破り、今日・2月14日に榛名元希はある人と放課後、会う約束をした。

「廉、こっち」
「は、榛名さん!」


――片思い中の三橋廉に会う、そのために。


「本命チョコ以外、お断り!」


「榛名さん」
「ん、なに」
「ポ、ポ…」
「ああ、全部食っていいよ」
「おぉ~…榛名さん、いい人っ」
「はいはい、いいから食っちゃえよ」

榛名が(三橋のために)注文したポテトを口いっぱいに詰め食べる姿に『ハムスター』を重ねてしまう。
なんか動きが小動物みたいなんだよな…素直つーか、無邪気つーか…。
他の野郎がやったら「キモ」で秒殺だが、三橋が相手ではとにかく癒される。
出来ればずっと三橋を見ていたいとさえ思う。

――本当に「恋」の威力ってたいしたもんだ。

「榛名さんは、もう、食べたんですか?」
「ああ、あとナゲットぐらい……廉、アレ、買わなくていいの?」
「ん…?」
「アップルパイ。前食いたいって言ってたじゃん」
「あっ!!」

やっと思い出したのか慌てた様子で財布片手に立ち上がる。
立った拍子にカバンの中身がボトボトと床へ落ちるのを手で制して会計へ行かせる。
『ごめんなさい、早く戻ってきます』と謝る三橋を見送ってからしゃがみ込み拾う。
壊れたものはなかったようだ、派手な落下音だった割に内容はたいしたことない。

「これ…」

手にした物の中身はラッピングですぐわかった、今日という日を考えても明確だ。
先ほど片づけたカバンの中には入ってなかった、つまりこの一個を――。

――誰かから三橋が貰ったということだ。

「ははっ…別に付き合ってる訳じゃねーし…そりゃ貰うわな」

あいつ食いもん好きだし、大食漢だし、特に甘いものに目がねーし。
来るもの拒まずだろう、暗い中学時代を送ったあいつにとって人から寄せられる好意はひどく嬉しいものに違いない。
俺が『他の奴から貰うな』『俺だけにしろ』など言えるはずもないことはよーーく分かってる。

――分かってるけど。

「榛名さん、どうかしたんですか?」
「…なんでもねー」
「ぅう?」

気分わりーもんは、わりーんだよっ!!

「は、榛名さん」
「…なに」
「こ、これ、ひとくち、食べます?」
「いや、いいよ。お前が買って来たんだから、お前が食べな」
「…そう、です、か」

うわ…廉が落ち込んでる、いつもは何も聞かずに食うくせに、どうしたんだ。
てか、普通は喜ぶとこだろ、全部自分で食えるんだからさぁ。
…聞いてしまったほうが楽だろうか、軽い調子で『廉、そのチョコ誰から貰ったんだ』とか。
『さっきカバン片づけてた時に見つけちゃった、可愛い子だった?』とか。
廉から話してくるとは思えないもんな、貰ったチョコを自慢するような奴じゃないし。
…されたらされたで、それはまたムカつくけど。
はっきりしない俺の気持ちが伝わったのか、豪快に食ってた廉の手がすっかり止まってしまって。
――仕方ない、正直に聞くしかないか。
ぐっと拳を握り覚悟を決め、俯きぎみの三橋に声を掛ける。

「あのさ、廉」
「…は、い」
「そ、そのチョコ、貰ったんだよ…な?」
「え…チョ…っっ!!!み、み、見たんですか!?」
「だってさっきカバン、落としただろ?」
「あ、あ、あ…うぅっ」
「…って、おい、何も泣くこと…」

ねーだろ、と周囲の視線を気にしつつ、三橋の頬を強引に拭う。
拭っても溢れる涙に訳も分からない罪悪感が胸を掠める。
確かに勝手に見てしまったが、泣くほどショックだったのか!?俺が悪者?
廉の手にはいつのまにか隠すように例のチョコが握られていて、その大事に扱っている様子に更にダメージをくらう。

「は、は、はる、な…さん」
「おう」
「お、おれのこと、ききらい、に…なった?」
「は?」
「だ、だって…見たんでしょう?」
「なにを」
「チョコ。ついた…メッセージ」
「…見てねーよ」
「ううう、うそっ」
「マジで、見てねー。…そんなに」

――マズイことでも書いてたのか?

「え、あ、え…その」
「俺が嫌いになるってどういう意味?」
「そ、れは」
「廉、ちゃんとこっち見ろ」
「うぅ…は、るな、さん」

両手で頬を包むような形で固定すると、やっと廉と目が合った。
視線は相変わらずキョロキョロしているけど、もう一度名を呼びこちらを向かせる。

「ちゃんと教えて」
「そ、その…このチョコは………のなんですっ!!」
「……へ」
「これ榛名さんに、おおおおれ、から」
「…俺に、…廉が」
「用意、したんですけど、榛名さんバレンタイン嫌いって、前…」
「ああ、んなこと言ったけ」
「でも、俺、どうしても渡したくて」
「俺に?」
「は、はいっ」
「なんで、か聞いていい?」
「あ…そ、それは…」

口ごもった廉は頬を真っ赤に染め、潤んだ瞳で何度も瞬きを繰り返す。
え。もしかして、廉の奴、俺に脈あり!?わーわー…ま、マジ!?
脳内でのもう一人の俺が騒ぐ中、廉の唇が動くのを今か今かと待ちわびると――。


お世話になったお礼の…友チョコなんですっ!!


「はっっっ!?」


――…榛名元希、今年のバレンタインデーの収穫は好きな子から貰った『友チョコ』一個とお世話になったお礼メッセージで終わった。


END?
オチが陳腐ですいません。しかもコレハル*ミハかよ?って感じで。
初書きだったので長くなるし、ハル*ミハって予測不可能ですね(ぇ)
あまりに榛名さんが哀れ(…)だったので、救済としておまけ書きました、よろしかったら。





「…っぷ」
「は、るなさん?」
「いやぁ、去年の今日のこと思い出しちまって」
「去年?……あっ!」
「あん時、すげーショックだったんだぜ。好きなやつから『友チョコ』です!!とか言われて」
「あ、あれは。………だったから」
「んー」
「榛名さん、バレンタイン嫌いだから。友チョコって言ったら貰ってくれるかなーって」
「え、じゃ、お前」
「…本命、チョコだったんです。俺、去年も今年も榛名さんにしかあげてない」
「………」
「お、怒ってます?」
「…怒った」
「あうぅ」
「な、廉。許してやるから、さ」

――お前からキスして、好きって言ってよ。

「…もう一回するか?」
「む、ムリです!…は、る…んっ…ぁ」

榛名元希、一年遅れでやっと好きな子から『二個』本命チョコを貰いました――。

END
榛名さんよかったね、でも一年後の二人はあっちの関係ありで付き合ってるんですけど(笑)
次は本命登場・アベ*ミハです。

VD企画 イズ*ミハ 「bonbon❤大作戦」

2月14日――特別な思い入れはない。
女子にとってはチョコを渡す・渡さない、もしくは自分用にチョコを用意するなど騒げる楽しみがあるかもしれないが。
男子は自らが参加することもなく、ただ受け身で過ごす一日であると思っていた。

『 昼休み、屋上まで来て下さい 』

クラスメイトで部活仲間で…恋人でもある三橋からメールを貰うまでは。


「bonbon❤大作戦」


「三橋?」
「い、泉くんっ!」

屋上のドアを開け、見知った背中に呼びかけると嬉しそうに笑って三橋が振り向く。
駆け寄ろうとする三橋にストップを掛け、身近にあったベンチに座らせる。
寒かったのだろうか、三橋の頬はいつもより真っ赤で最近ようやく合うようになった視線もキョロキョロ彷徨っている。

「来てくれてありがとう…泉くん」
「お、おう」
「こ、…これ、受け取って下さい」
「……え」

勢いよく手渡しされたのは、長方形の固い箱――。
軽く揺すると物音がする、日付的に考えて三橋が男を差し置いても、どうやら…いやコレはどうみても…。
うわぁ…まさか貰えるとは思ってもなかったけど、やっぱ嬉しいもんだな。

「これ、チョコ?」
「うん。友チョコだよっ!俺、泉くんに毎日お世話になってるから、そのお礼に」
「へぇー…友チョコね」
「部活の皆に配るんだ」

――俺たちって付き合ってるんじゃありませんでしたっけ、三橋廉くん。
しかも俺は三橋にとって、野球部の連中と同レベルってこと?…かなりショックなんだけど。急上昇してたテンションがジェットコースター並みに急降下。
今日ばかりは三橋の天然ぶりが憎らしい。可愛さ余って憎さ100倍だ。

「あ、あとこれ…」
「…なに」

思わず低い声で応えると、先程貰ったものより小さいラッピングされた箱型の物体
今度はなんだと受け取ったまま固まった俺に、湯気が出そうなぐらい真っ赤になって、どもりまくった三橋の声。

「こここ、これは…本命、チョコ。泉くんだけ、だよ」
「……っっ!!!」
「この前、ウイスキーボンボン好きって言ってた…でしょ?」
「…俺が貰っていいの?」
「うん」
「俺だけ?」
「うんっ」
「俺のこと好き?」
「う、…うん」
「『ううん』?」
「ちがっ…だだだ、大好きだよっ!」
「…っ…くそーー可愛いな、三橋っ!!」
「わっ」

肩を引き寄せぐりぐり髪を撫でる、うへへと三橋からも上機嫌な笑いが聞こえてきた。
ゆっくりと腰にまわされた三橋の手に自分のを重ねて、ぎゅっと握りしめる。
お互いの嬉しい気持ちが相手に伝わるように、暖かさを共有する。

「三橋」
「なーに」
「俺、ボンボン食うとすぐ酔っぱらうんだ」
「そう、なの?」
「ああ…でさ」

すげぇー、エロい気分になるんだ。

「っ!!!」
「今日、三橋ん家に泊まってもいい?」
「あ…」
「で、ボンボン食ってもいい?」
「い、いずみ…くん、おれ」
「ダメ?」

意志の強い泉の瞳がいつもより熱い――それは三橋を欲しいてる証でもあって。
真摯な漆黒色に三橋自身、潤む視界とかぁーと頬が火照るのを感じた。
沈黙の中握り合った手をさらにぎゅっとされた。

答えはもう決まっている、泉くんが俺を欲しいように…。

「い、いずみくん…お…俺ん家に、来て…下さい」
「…喜んで」


…俺も泉くんが欲しいから。



教室に戻る道で。


指きりの代わりに秘め事のようにそっとキスを――。


するはずのないウイスキーのほろ苦さを感じる、甘いキスをした。

END
バレンタイン企画第一弾・イズ*ミハでした。
なんかアダルトな方向に向かうのは泉くんのせいでしょうか、フェロモン?(笑)
さわやかイズ*ミハでコメディちっくに書きたいのに、…なぜ、しっとり系?
whiskey*bonbonが好きなのは私です、これしか買いません(ドーン)
次は初(!)ハルミハです、よろしかったら。

08’晴天@バレンタイン企画

昼間に時間があったので、こんな企画用意しちゃいました。

見にくいですが、「ミハ争奪あみだ」です。


<08’ 晴天@バレンタイン企画>
    ~君のくじ運で三橋をGETせよ!~

参加者: 阿倍(本命CPだが参加)、田島、泉、花井、榛名、高瀬、叶 以上7名

見にくいですが、公正に振り分けいたしました。作為的行為は一切行ってません。
参加者7名から3名が当選、三橋と甘いバレンタインをお過ごしいただけます。
皆さんの代表として春田ゆずが「一喜一憂」しつつ進行しました。

・・・にもかかわらず。エライことになりました、結果をご覧ください。(並びは当選確定順)


<当選者リスト>

# 泉*孝介 さま
# 榛名*元希 さま
# 阿部*隆也 さま


・・・・・・
・・・・・・

あ、あ、あ…阿部ぇ~~~!!?

――やはり彼は三橋のことになると驚異的な才能を発揮するというか・・・(笑)
マジび、びびりました、「ありえねー」って!だって小細工なしで本命CPって。
おいらは阿部君の底力をバカにしてました、すまん。

泉くんも強いね、さすが男前。涼しい顔して内心デレっと喜んでて下さい。
榛名さんはこれが初書きになるのか・・・ザ・不器用な俺様で頑張ります。

作品が出来上がり次第、こちらにアップします。
開催は2月14日~を予定してます、よろしかったらどうぞ。


最後に残念ながら落選してしまった方々からの一言で締めたいと思います。


田島 「あーあーっ!せっかく三橋とチョコ食えると思ってたのに。泉と榛名は許すけど、あっ阿部!こっち来いよ、バッティングで再勝負しようぜ!!」

花井 「はぁ~・・・おれのくじ運のなさは抽選会でよーーく理解してるしな、仕方ないか。他の2人はともかく阿部に負けたのがすげーショックで・・・見ろよあのにやけた顔・・・はぁ」

高瀬 「ま、運も実力のうちだし、今回は潔く負けを認めるよ。どっちかつーと俺的には、三橋からチョコを渡されるより、俺が三橋に色々してあげたいんだ。・・・ルール違反だって?俺が勝手にやるんだ、いいだろう」

叶 「廉!修ちゃん!・・・って久しぶりに会えると思ったのにな、残念。三橋(ルリ)が毎年廉に渡しに行くらしいから、便乗しようかな~それぐらいいいだろう?幼馴染として会うんだから」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。